穀雨
f0295148_19161522.jpg


雨が降った。
何故だか、少し、ほっとした。




爽やかなお天気が続くのって、嬉しい。
だけど、
「こんなにも外は爽やかなのだもの、
落ち込んだり、塞ぎ込める筈がない!」
と、内側に潜む本音とのギャップを、
無意識に責めてしまうことって、あるような気がする。

カラカラに凝り固まった、
心の苗床にも、やわらかな雨を。
穀雨。
生きとし生けるものたちを、
恵み、育む雨。
[PR]
by hatsukoizitensha | 2014-04-29 19:18 | instax mini 90
<< 青空に接吻(くちづけ) 本は縁なり >>