水仙の花
f0295148_19233621.jpg


寒空の下、
まだ固い蕾のままの水仙を買って帰る。
放ったトートバッグから、顔を出しているそれは、
遠目に見ると、育ち過ぎたニラや万能ねぎに、見えなくも、ない。

この花は、
”瓶に活ける”、と言うよりは、
水に”植える”・・そんな気持ち。
ねえ、冷たくないの?思わず、要らぬ心配をしてしまう。

夜、細々とした用事が、まま落ち着いて、
ふと、瓶を置いた窓辺を見ると、まあ、いつの間に?

花が咲く・・
当たり前のようであって、当たり前ではないような、
そんな力が、この世界には、刻々と流れているのだと、
小さきモノに、また教えられる。
[PR]
by hatsukoizitensha | 2014-01-19 19:42 | 季節に思ふ
<< 犬の手術でした もしかしてな日々と片思い >>