計算とかでは出来ないこと
f0295148_17442851.jpg


物事の「核心」には決して直接触れては来ないのに、
「あ、この人、分かってるな~」と感謝で頭を垂れたくなるような人に、
たま~に出逢う。

(・・・と、書きながら、数人の方のお顔が頭の右上くらいに、ほわんと浮かぶ)

この「分かってるな~」の具体的内容は、
たぶん、ひと、それぞれ。

そう言う人と過ごす時間は、とても、安心。
そして、奥深い。
また、何故か矛盾するようだけれど、
不思議と、直に、触れてはいないはずの、「核心」の話が出来てしまうから、
面白くて、何時間でも、一緒に居られる。



もし、”100”の言葉にしたいことがあったとしたら、
それと同じ数分だけ、呑み込む度量も、
必要なのかも知れないなあ・・・って、この頃。

不器用だからとか、器用だから・・とかって、
あんまし、関係ないのね。

「分かってるな~」な人から漂う豊潤さって、
そんな風な時間が、ゆっくりと積み重なって、
醸し出されてる気がする。
[PR]
by hatsukoizitensha | 2014-01-13 15:39 | Ricoh35
<< カーテンの向こう側 七草粥 in 2014 >>