橘始黄(たちばなはじめてきばむ)
f0295148_1815286.jpg


今日からの七十二候は、
二十四節気の末候、橘始黄(たちばなはじめてきばむ)に入りました。
橘とは、柑橘のこと。
橘の実が”黄色く”なっていく頃、と言う意味。



昨日、月1回開催しているお店のアロマカフェで、
講師を担当しているモモちゃんのご紹介で、
”パーソナルカラー診断”と言うものを受けてきました。

ちょっとしたカラーアドバイス?と、軽~く考えて参加したところ、
いやはや・・とんでもない衝撃体験でした。
これ、知ってるのと知らないのとでは、今後の人生が変わってしまうんじゃ?ってくらい。

先ず、この”パーソナルカラー診断”で、面白いなと思った点は、
特定の色が「似合う、似合わない」と言うのは、
あくまでも他人の目を通した評価である、と最初にきれいさっぱり割り切っていること。
その上で、個人の内面や性格、趣味、趣向に一切とらわれず、
”見た目”と”色”との相性のみで、その人に一番相応しい色相グループ(春、夏、秋、冬)を
割り出して行く・・そのセオリーにあると思います。

つまり、有体に言ってしまえば、
「好きな色と似合う色は、違う」ってことなんですね。

ちなみに、私に似合っていたのは「春」の色。
イエローベースで、彩度がある程度高く、濁りなく、明るく清んだ、軽やかな色が、
本来の私の”見た目”には似合うとの判定でした。

でも、普段から好んで纏っていたのは、どちらかと言えば、
ブルーベースで涼しげ、色は明るめでも繊細で、
グレイッシュなスモーキー感のある、エレガントな「夏」の色。

もう、見事に・・真逆。

ですが、確かに、100枚近くの色布を顔回りに当ててゆくと、
「春」の色の時は、肌艶が、ぐんと良くなって、何だか”幸せそうな人”に見える。

逆に「夏」の色の時は、馴染みのあるせいか、似合わないこともないけれど、
少し華奢で、何と言うか、”幸が薄そう”に見える。
もう、これ、大問題ー!
だって、固体のイメージと言うものは、それに見合った現実を引き寄せるわけだから。

こう言ったことを、”気のせい”とかではなく、客観的に色を通して、突きつけられる。

このカラー診断から、私が学んだことは、
自分自身が「こうだ!」と決めている、パーソナルイメージと言うものが
人には誰しもあると思うのですが、それによって勝手に作り上げられた偏った印象で、
服装を選び、色を選び、得していることも、損していることも、あるのだなあと。
だから、客観的に見た、似合う色を身に着けることで、
元々、素質として持っている個人の良い部分が、最大限に引き出されることも、
大いに有り得るのだと。

講師の先生からは、
「あなたは、本来もっと明るく華やいで良いはずの人なのに、
今まで、もったいなかったわよ~」と。(苦笑)


私には似合わなかった「夏」の色を、似合う人が身につけた場合は、
”薄幸”さはまるで見られず、エレガントで洗練された印象になるし、
「春」が似合わない人が「春」を身に着けた場合は、
一歩間違えると若作りし過ぎの、派手好きな印象の人に映るらしい、です。


私に似合った「春」の色の中でも、他の参加者の方からも、特に評判が良かったのが、
「ライトレッド」。
普段、絶対に着ない色だったし、
自分でもすごく意外でしたが、この色の布を顔に当てた時に、皆さん口々に、
「あ、神社にいる人、神社にいる人だ・・!」って。
所謂、これ、”巫女さん”の装束カラーなんですよね。
実は、自分でも何故か薄々、「あの衣装、似合いそう」と、ずっと思ってはいました。
うーん、やっぱり、そっか?、って感じ。


”メイドカフェ”があるくらいだから、この際、”巫女カフェ”とかどうですかね?

基本、ウェイトレスさんは、巫女ファッション。これはお約束。

メイドカフェでは、注文の品をテーブルに持ってくるときに、
「美味しくな~れ、美味しくな~れ♪らぶらぶ、きゅん!」とか
呪文を唱えてくれるそうですが、
巫女カフェでは、榊の葉っぱをサラサラ~っと払って、
「清めたまえ~。祓いたまえ~。」とか、なんとか。

メニューは七十二候から頂いて、
例えば、「橘始黄」は、柑橘ゼリーとか、良くないですか?

営業時間の合間合間に、太陰太陽暦のお話をするコーナーを作って、
季節ごとの過ごし方をアドバイス。
旬の食材を使った、料理研究家の方を招いたお教室とかあったら楽しいのに。

あーもー・・妄想は膨らむばかり。
誰か、こんなお店、作ってくれないかなあ。
私、働きますよー。
この際だもの!指名ナンバー1巫女さんを目指しますとも!
って言うか、むしろ、私が巫女カフェ作っちゃう?!
スポンサーさん、随時募集中ってことで。

って、どうしてこんな話に!?

そうだ、パーソナルカラーの話だった!
客観的に自分を知るためには、とってもおすすめの講座です。
[PR]
by hatsukoizitensha | 2013-12-02 18:54 | Ricoh35
<< クリスマスカラー 以心伝心 >>