この坂道の向こう側
f0295148_19154165.jpg


この坂道の向こう側
広がっているのは
きらきらと
ひかり輝く海原?
それとも
身も凍りつくような断崖絶壁?
ねえ、どっちだと思う?



そんなことを考えながら、
坂道の頂上に辿りついた時。
私の目の前に現れたのは、
なんと!
美しい海原と
落ちたらひとたまりもないだろうなと思われる、
断崖絶壁。
そう、両方共が、そこにはあったのでした。

この頃思うのだけれど、
すっごく良いことの中には、
すっごく嫌なことの種もちゃあんとあって、
またその逆も、然り。
そしてそれらは、微妙に時差こそあれど、
あたかも同時に起こっている、ように思える。

断崖絶壁が怖いからと遠ざけていたら、
眩い海原も臨むことはなかったんだろうなあ。

その先に、何があるのか分からないって、
もちろん、恐怖ではあるけれど、
そのこと自体、案外、幸せなことなんだろうと思う。
嫌も好きも、どっちも、在り得る。
それだけ、覚悟していられたら。

現像&プリントが上がった写真を見ながら、
自由で広大な海原の写真や、迫力の断崖絶壁の写真よりも、
坂の「こちら側」からの、なんてことない風景写真が、
実は、一番”いいな”と思った。
そのこと自体が、私の、案外な、幸せ。
[PR]
by hatsukoizitensha | 2013-10-24 19:38 | Ricoh35
<< 藍藍 お日さまの匂い >>